日本シニア卓球協会(プロツアーリ-グ) 

[1112]  [1111]  [1108]  [1107]  [1106]  [1105]  [1104]  [1102]  [1100]  [1097]  [1096


 ごあいさつ


第1回プロツアーの大会を開始したのは、平成20年6月25日のことでした。以来、回を重ね今年の10月で第100回目を迎えることになります。これもひとえに関係者の皆さまのご支援、ご協力の賜物と心より感謝いたしております。これを機に、わたしどものプロツアーリーグも組織体制を大きく改編、強化して、全国にフランチャイズ展開するなど新たな出発を期したいと考えています。組織改編後も、わたくしは地区責任者として業務を推進してまいります。なにとぞ、これまで以上のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。


プロツアーリーグ開催の経緯

 わたくしは、今年58歳になります。大阪の桃山学院大学を卒業後、千葉県の井上哲夫先生が主宰する千葉クラブに2年ほどお世話になりました。その後、荻村伊知郎先生を慕って、押しかけ内弟子として先生の自家用車の運転手をしながら2年余り卓球の指導を受けました。荻村先生の夢は、日本に卓球のプロリーグを作ることでした。志半ばでこの世を去られたことは、さぞかしお心残りのことだったと思います。
 その後、郷里の岡山で就職したわたくしは、ちょうど50歳の正月に、夢の中で荻村先生とお会いしました。1歳の幼児から100歳の老人までたくさんの老若男女が卓球を楽しんでいる、その中心におられた荻村先生が、「岡本くん、君も一緒にやったらどうか」とおっしゃるのです。すこしためらっていると、夢は、そこで消えてしまいました。
 このときの夢の暗示は、卓球は、家族ぐるみのスポーツ、健康増進、ストレス解消のスポーツであり、見るよりするスポーツであるということをわたくしに伝えたっかたのだと解釈しました。そこで、この年の先生の誕生日にあたる6月25日に第1回のリーグ戦を開催することにしました。
 リーグ開催のわたくしの理念は、プロリーグを設立し維持・運営していくためには、卓球の競技人口を増やし、競技者が観戦者となってプロリーグを支える。この競技人口を増やすことに全身全霊を捧げることが、わたくしに課せられた使命であるというものです。
 全国の多くの同志、同胞の協力をいただくためには、わたくし自らが見本となるリーグ戦を毎月開催し、連続100回実施を達成した暁には、その経緯、実績状況を提示して、多くの方々の賛同とご指導を仰ぎながら、よりよい運営体制を確立したうえででフランチャィズ方式で展開する。そのための試練としてのテーマが、地元でリーグ戦連続100回の開催であったと思います。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ダブルス1部 HOME 政治家にも あいさつ・・・

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
P R

template by repe