日本シニア卓球協会(プロツアーリ-グ) 

[828]  [827]  [826]  [825]  [824]  [822]  [821]  [819]  [817]  [815]  [814

コラム⑥  『ボ-ル半個分の努力』
1 横&上回転サーブについて
バウンド直後に 右に曲がるのか 左にまがるのか
それとも伸びてくるのか
曲がって沈むのか 跳ねるのか
それは サ-ブのインサイド回転なのか アウトサイド回転
真後回転に アップとダウンをどう混ぜるのかの繊細な世界です。
(なんでも ドライブをする選手には 理解できない世界です)
ネット近くをナックルで処理する選手の世界感なのです。
自分がそいういうサーブを意識をしていない選手は
相手のそういう違いは 意識しないものです。
違いは ほんの少しレシ-ブが 浮くのか 右に曲がって
返ってくるのか 左に曲がって返ってくるのかの ささいな違いです。
そして そういうレシーブが大切なのは 表ソフトで
バックハンドを振る選手達です。
(スイングをシャウトに振る
 ボ-ルと体の間を ラケットが通過する選手です)
2 表ソフトで バックハンドチキ-タをするのは
ミスタ-F37と その弟子達と うらにゃ~とその弟子達
ということになります。
それと 先日全国マスタ-ズチャンピオンと3位に勝っ
たY山選手です。
みんなつっつき打ちの バツクハンドが得意な選手です。
3 「なぜ? 表ソフトプレ-ヤ-は ボ-ル半個分が大事か」
それは ネット近くの ストップレシ-ブを表ソフトの
バックハンドを打つことから プレ-を始めるからです。
その最初の1本から 始まる連続攻撃で卓球自体が
決まってしまいます。
その為に最初のレシ-ブが 止まるのか 伸びるのか
右へ曲がるのか 左に曲がるのか予言できれば
その繊細な変化が 表ソフトプ-ヤ-にとっては
大切なことだからです
たとえば低くてまっすぐなホ゛-ルは打てるけれど
伸びるボ-ルは打てないからです。


4. つまり彼らにとって イボ高の ショ-トやカットは
 お客さんのようなものなのです。
   (低くてまっすぐなホ゛-ル)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

横山プロと その生徒たち HOME ミスタ-F37 との試合  Ver.4.6

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
P R

template by repe