日本シニア卓球協会(プロツアーリ-グ) 

[888]  [887]  [886]  [885]  [884]  [883]  [882]  [881]  [880]  [879]  [878

スピリュアルコラム⑪ 『日本医学の退化』
1 日本卓球が男子女子共に銀メダルを獲得した原因として
① 本人の努力と才能
② 環境 家庭内英才教育/母親が国体選手クラスで
   小さな頃から 家庭内卓球場で練習したいた選手
            (福原 石川 伊藤選手の 共通した環境)
③  国の支援/エリ-トアデミ-主とした オリンピック対策予算
   の資金面での協力。
この三位一体の ハイブリッド思考による支援であると思われます。
そして ガン患者対策 国の医療費削減の方法として
① 西洋医学による対処(病院)
② 健康食品による 自然治癒力の強化
③ ヒ-ラ-育成による エネルギ-医学
  (1 イギリスの 保険適用
   2. ドイツの医者グル-プによる 統計学
   3. インドの国家資格対策
   4.. アメリカは 看護婦5000人が ヒ-ラ-資格会得)
この三位一体の ハイブリッド思考による支援で対策してゆこう
 という運動を起こしてゆこうと 初めています。
三宅師匠が言うには
西洋医学でも 健康食品でも ヒ-リングでも
原因はなんでもよい 結果的に患者のガンが治り 良くなってゆくという
ことが大切なことであり アメリカは その手法で ガン患者が少なくなって
きています。 日本では単品の努力の為 ガン患者が増加してきている。
早く日本でも アメリカ式のハイブリッド思考を コピ-してゆくべきだと
推進してゆこうといっています。
(西洋医学の元祖が ヒ-ラ-を取り入れているのですが
その コピ-のはずの日本医学会は とりいれないのですから
おかしな 話なのです  つまりそれは もう西洋医学ではなくなり
日本医学の退化ということになります)
まず フォ-デイズの核酸と ヒ-リングを一緒に提案してゆく運動を
しようと考えています。
当然患者は 西洋医学を病院でうけるのだから 三位一体となる
ということになりました。
なにごとも 多くの人々を動かしてゆくには 利益のでるボランティア
でなければならないのです。
フォ-デイズの核酸で 少し利益をあげてもらいながら その商品を
買ってくれた人には ヒ-リングを付加価値としてつけてゆく
という 手法で 世の中に広めてゆこうと始めました。
そんなことが ほんとうにうまくゆくのかは まあ、わからないのですが
面白そうなので やってみることにしました。
ガンを治すことは とても得意なので ハイブリッド手法にて
世の中に 役立ってゆこうと思います。
第一目標は ヒ-ラ-育成の為の学校設立です
   (アメリカのコピ-です)
     祈りをする患者と そうでない患者は 治癒率が50%
     違うという 統計です。
処方箋は祈りです。
卓球も 勝つための一心が大切ですから。



http://ameblo.jp/terra-clet/entry-11982512751.html

ハンズオンヒーリング概説(記事の引用です)

ハンズオンヒーリングに関しては、現在はアメリカが中心的な役割を果しているといって よいでしょう。ハンズオンヒーリングの専門教育を行なっているグループにもいくつかの流れがあり、 ロザリン・ブリエールバーバラ・ブレナンなどが有名ですが、アメリカの医療現場に最も普及して いるのは、ナース・ヒーラーと呼ばれているグループが行なっているセラピューティック・タッチの 流れです。これは、元ニューヨーク大学看護学教授のドロレス・クリーガー博士が開発したもので、 大変保守的な大学として有名なニューヨーク大学でも、看護学の修士課程カリキュラムとして正式に 取り入れられ、アメリカの多くの看護学の課程でも、正規の課程として取り入れられていることから、 アメリカの多くの看護師が実践しています。リサーチに最も熱心なのもこのグループで、 臨床リサーチによりヒーリングの効果を示す論文も何本も発表されています。例えば、ヒーラーが 患者の血球数を増加させることができることを示す論文も既にいくつも出ています。また、日本の 看護学の課程でも、正規の課程として取り入れられているところが存在しています

ヒーラーが行うのは、かなり大雑把にいって、治療中(前後)のエネルギー・レベルでの管理で、 理想的なのは、医師とヒーラーの直接的な連携のもとで、医師の優れた医療技術とヒーラーによる エネルギー・レベルでの治療が組み合わされることです。例えば、メフメット・オズ(Mehmet Oz)と いう世界的に有名なアメリカ・ニューヨークの心臓外科医は、術前・術後の患者のサポートに ヒーラー、マッサージセラピスト、アロマセラピストなどを加え、手術室にまでヒーラーを入れ、 最先端の医療技術とエネルギー面での治療を合わせ、他に類のない手術の成功率と患者の生存率を 誇っています。もちろん、アメリカでも、このように勇気のある医師や病院は まだ少数です(メフメット・オズ医師にしても、最初のうちはかなりの抵抗にあったと いうことですが、結果を出すことによって、文句を言う人はいなくなって行きました)。このように、 一流の医師・治療施設で、ヒーラーが治療チームに加わっているのは、日本どころかアメリカでも、 まだまだ少数です。したがって、現実的には、ほとんど全ての場合は、患者側で、独自にヒーラーに 依頼することになります

日本では、少なくとも3年以上の専門教育を修了しているハンズオン/エネルギー・ヒーラーは、 まだまだ少ないのが現状です。しかも、その中で、肉体レベルの癒しをそのスタイルとし、 がん治療のサポートができるヒーラーは、更に少ないといってよいでしょう。 しかも、仮にそのようなヒーラーを見付けることができたとしても、実力のあるヒーラーの場合は、 既に枠が一杯で、効果を出すのに必要な頻度でセッション枠を取ることができないことも多く、 必ずしも引き受けてもらえるとは限りません。現代西洋医学の医師とも連携可能なレベルの ヒーラー(この項でヒーラーという場合は、所定の専門教育を修了しているハンズオン/エネルギー・ ヒーリングのヒーラーを指します)は、まだまだ少ないのが現状です。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

松平健太と 岸川選手が 5/30に 萩原卓球店岡山店に・・・・・ HOME スピリチュアルコラム⑩『卑弥呼の生まれかわり』

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
P R

template by repe