日本シニア卓球協会(プロツアーリ-グ) 

[1257]  [1252]  [1250]  [1249]  [1245]  [1244]  [1238]  [1237]  [1235]  [1234]  [1233

                 『趣意書』
1, 健康高齢者 増加計画
卓球というスポ-ツが 認知症によいというデ-タは内閣府の資料にも出ています。
世の中の高齢者に卓球を普及させることにより 健康な高齢者を増加させ、国の高齢者医療費
削減に お役にたてると確信しております。 (別紙 「健康卓球リ-グ開催の理由」 参照願います)
現在50歳以上のプレ-ヤ-が約100万人、これを1000万人にすることを目標にします。
卓球喫茶・卓球サロン・卓球運動療法士を育成してゆく為のプロ卓球リ-グを開催します。
2 地域振興について
「地方創生」という言葉があります。 この言葉の意味は 地域独特の新しい価値を
創り出して それを生かしてゆくことであり、その為には 地元を愛することが必要です。
卓球のプロリ-グは その地元愛にお役に立てるものと思います。
今年プロ野球は広島カ-プがセリ-グで優勝しました。
地元の最高視聴率71%  平均60%でした。もし地元に愛されるプロチ-ムがあれば 地元を愛し
地域振興にとても大切な心の糧となれるものと思います。
しかし野球やサッカ-のプロチ-ム誘致では 1億円以上の予算が必要と思われますが
卓球チ-ムであるなら、低予算にて 心の糧になれると確信をしており、日本プロツア-リ-グ連盟
も愛される 地元プロチ-ム育成に 全面協力致します。
『町おこし』をする全ての市町村に プロチ-ムを作るのが目標です。
3, 卓球ファンの夢の第一歩
さきのリオオリンピックにおいては 日本は多くのメダルを得ることができました。
卓球競技におきましても 我が日本は男女ともに団体でメダルを得ることができました。
今、空前の卓球ブ-ムがわき起こるのではないかと予感しております
メダルということで 振り返りますと 岡山県勢はかつて 人見絹枝さんを筆頭にメダルを量産して
おりましたが卓球競技におきましては オリンピックメダルなし (岡山出身の)が続いております。
全国的には、日本のトップは水谷選手 吉村選手 丹羽選手と 女子では福原選手 石川選手
伊藤選手 その下の世代では 張本選手 早田選手をはじめ多彩なメンバ-が育ちつつあります。
そしてこのリーグが次世代育成の刺激剤となればと考えております。
日本全国卓球ファンの為にも このブームを一過性のものにするのではなく まずは、岡山県にて
ケ-ブルテレビエリア単位での プロリ-グを開催したく考えております。
  ◎健康高齢者 増加計画
  ◎地域振興 (町おこし)
  ◎卓球愛好者の夢の実現
以上3点においてプロ卓球リ-グを発足しようと考えております
しかしながら私個人の力では成り立つものではありません。
皆さまの力をお借りしてこのリ-グ戦を発展させてゆきたいと考えております。
皆さま協力をよろしくお願いいたします。
  設立準備室 岡本研二

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

認知症予防の為に・・・・・・ HOME 昨日は 母親の49日

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
P R

template by repe