日本シニア卓球協会(プロツアーリ-グ) 

[251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241

対 カットのスマッシュ
  今日の守備型カットマンに勝った スマッシュの
  構造について 少し説明をしておきます。
  10年前は よくつかっていたのですが
  カットマンとあまり対戦しないので
  忘れていた 打ち方でした。
  (対カットのスマッシュによる攻略です)

① 相手が 守備型カットマンで 
  低いカットが得意であること
  そのカットが 少しだけ切れている場合有効です。

② 外打ちでうつ(ボ-ルの少し 外側)
  クロスへ打つ
  ボ-ルの頂点をとらえる打ち方

③ 面を少しだけオ-プンにして
  ヒジを伸ばすこと。
  カットのボ-ルがトップにきたときのみを
  とらえてヒジを伸ばして打つトップ打ちです。

④ 昔は シャウト打ちができなかった為
  この『外打ち』が 決め球でした。
  (シャウト打法は ボ-ルの内側を叩く打ち方)
  カットのように ゆっくり来るボ-ルに
  対して 有効な打ち方だと思います。

⑤ ゆっくりくるボ-ル であれば
  バックハンドでも できます。


⑥ 仕掛け
  ◎サ-ブはフォアミドルへナックル性ロングサ-ブにする
  (カットとはいえ さわれないので
   低く返球したい為 低くフォア側に少し切れたカットがくる
   これを狙い撃ちする)
   低くても 一定の決まったボ-ルがくると打てる。
  ◎スマッシュが速い為 重心が 後ろにかかるので
   フォア前に 下 及び 小さな上を出す
   一定したカットになるので 両ハンドで狙い打ちする。
   結果 前後のゆさぶりとなる
   
⑦ 弱点は タイミングの速い卓球には
  合わないということ
  いちいち 外をとらえると
  卓球が おいつかなくなってくる。
  タイミングの速い卓球には向かない。
  一定のボ-ルのみ 対応できる特徴がある。

⑧ 対 攻撃の時
  ミドルで外打ちができると とても便利
  タイミングが難しいが
  バックの横回転系ブロックをするタイミングで 
  (相手のエ-スを止める為のショ-ト)
  フォアのミドルスマッシュをすると タイミングが合う
  結構なれると 回りこんでのバックストレ-トも
  打てるようになる。
  バッククロスはダメ(違う打ち方になる)




     

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

うらにゃ~ズ の取材のようです HOME 中国選手権 予選会ベスト4

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
P R

template by repe