日本シニア卓球協会(プロツアーリ-グ) 

[786]  [785]  [784]  [783]  [782]  [781]  [780]  [779]  [778]  [776]  [775

卓球コラム②

『日本式 卓球英才教育の現状』

① 家庭内英才教育
   親が卓球選手の場合
     (特に母親)
    日本の卓球業界の特徴として 母親がつきっきりとなり
    小学生低学年より 卓球の指導にあたり 長年の卓球選手活動が
    可能となったこと。
    それには 卓球教室がたくさん 存在しその教室には
    それなりの優秀なコ-チがついての指導が可能になったことができた。

② 家庭 及び 卓球教室でマシンが常備されていること。
    1.マシンの特徴として 同じ玉が 体力の続くかぎり
     打球でき 基本練習 習得が可能となった。
    2.『つっつき打ち』と『ドライブのカウンタ-打ち』
      この2つの 打法の習得が容易にできるようになったこと。

③ マシンと 優秀なコ-チの2つのセットが 可能となれば
     ある程度までの レベルに到達が早まると思われます。
     例えば 県のベスト16ぐらいまでは到達は可能と思われます。
     あとは 少しのセンスが 必要となります。

     そして この2つの条件が揃うのは 日本の平均的家庭で
     卓球教育熱心な親がいれば 可能と思われます。
     そして 現在の全日本のトッフ 多くの選手がこの条件に
     そった選手ということになります。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

本日は ありがとうございました。 HOME 明日の準備はできた・・・

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
P R

template by repe