日本シニア卓球協会(プロツアーリ-グ) 

[660]  [659]  [658]  [657]  [656]  [655]  [654]  [653]  [652]  [651]  [650

私の 卓球仲間に 天才K という人がいる
実際 ほとんど練習をしないのに イロイロな
ことができる。
(高校2年の時に 岡山県3冠王になって3年では
 卓球やめて受験勉強をし国立大へ行ったり、
 中国大会予選で 負けて 敗者復活でやっとあがり
 本戦で 優勝してみたり)
 イロイロ噂の ある選手なのです

その選手が ふざけたことに
 レベル1 左のペンで対戦する
      (ほんとうは 右シェ-ク)
 レベル2 右のペン
 レベル3 カットマンとして 対戦
 レベル4 右シェ-クとして 対戦

60歳を超えたジジイが ふざけたことを するんだけど
なかなか勝てないのが さらに腹のたつことなんです。

昨日は レベル3の カットで相手をしてもらいました。
最近 カット攻略では 自信があった 私ですが
3-0で 簡単に負けてしまいました。

もう一度とたのみこみ
必殺技で 対応してみました
それは カットマンの 弱点 フォア前に小さい上回転を
出して 上からカットしてくる 低いボ-ルを 待って
角度打ちスマッシュをするという 荒業です。
それで やっと2-2にしたのですが 彼は
その 低いボ-ルの 回転の残った角度打ちスマッシュを
中陣から カウンタ-スマッシュを決めてきました。

まったくセンスの塊のような ジジイで
困ったものです。
完敗の2連戦でした。

まったく 近頃のジジイは 強くて困ります。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ミスタ-Fにも 2連敗 HOME 58歳で 肥満の私・・・・・体力と卓球

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
P R

template by repe