日本シニア卓球協会(プロツアーリ-グ) 

[767]  [764]  [763]  [761]  [760]  [759]  [758]  [757]  [756]  [755]  [754

今日は 2敗をしてしまった。

2回とも 2枚ぐらいは 格上の選手だったが

1回目はK工 セットオ-ルで10-5でリ-ド
案の上 そこから逆転負け。

2回目は  更に格上の選手
セットオ-ルの 9-5で そこからまたまた
逆転負け

ガラスのハ-トは 仕方ないとしても
2枚も格上の選手に セットオ-ル
10-5 や 9-5にリ-ドできることが
素晴らしいとほめておこう。
だれも褒めてくれないので 自画自賛しておこう。
格上に接戦するようになったよ。
ナックル性チキ-タがよくなった。

2枚格上選手に勝つということは難しい
セットオ-ル接戦で 超緊張した状況
その状況で 大馬鹿になる必要があるからです。
そこでは 相手もベストプレ-をしてくるので
普通では 打てないと判断をしたボ-ルを
打つ必要があるからです。
ベストを尽くすと敗けます。
つまり狂気が必要。だって判断して打てるボ-ル
だけ打ったら敗けるからです。

大事なところでヤクザ(893)な考え方が必要。
打てないボ-ルを打ち続けて
10回に1度勝てればいいのです。
獣のような 感性です。
横浜大会で 松平健太が馬琳に
強気のレシ-ブができなかったということです。
彼は正気だったのです。

今回の世界選手権でも 格上相手に石川選手でさえ

あと一歩のところまでいって 勝つことが
できなかったし
イングランドのピッチフォ-ド選手も2-1 10-6までいって
水谷選手に あと1点がとなかった。
みんなそこまで いったことが大事!
がんばったんだよ。

『私のハ-トは ガラス細工!』


私のことは 『玉島のピッチフォ-ド』 と呼んでください。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

3/21 参加者募集いたします。 HOME 慣れられるまでが勝負である。

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
P R

template by repe