日本シニア卓球協会(プロツアーリ-グ) 

[3315]  [3314]  [3313]  [3312]  [3311]  [3310]  [3309]  [3308]  [3303]  [3300]  [3299

昨日は 16歳の スケ-トの紀平選手が優勝した。
卓球界でも 中学生の 全日本優勝や 入賞が
多くなっている こうなると小学校からの英才教育が
いいとか 悪いとなではなくなってきている。
特に家庭内英才教育が やりやすい卓球の世界では
小学校低学年からの 低年齢化は常識の世界に
なってきている。

①卓球競技の特徴としてパワーよりも
 技術習得が大切であるということ。

②練習パ-トナー獲得が大切なこと。
 (パートナ-としてマシンを選ぶことも
  多くなってくることでしょう)

③優秀なコ-チが 段階別に 多くでてきていること。
  (地方にも60歳以上の男性
   元選手主婦によるコーチ
   子供の親のコ-チ
   エリ-トアカデミ-のプロコ-チ)


④ それからシニア世代のプロ化

   実際にプロの技術には達してはいないが
   練習環境は 現役選手並みになってきている。
   毎日練習をしているし 1日6時間練習している
   選手は全国で 多くなってきています。
   レベルは上がってきています。
   全国クラスの中学生レベルには達すると思われます。


卓球をとりまく環境は 確実に
新しい時代が来ています。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ミックスリーグ参加の皆さまへ HOME 優勝選手 写真(第9回船穂スポ-ツ少年団カップ)

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
P R

template by repe