日本シニア卓球協会(プロツアーリ-グ) 

[161]  [160]  [159]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146

『努力 練習すれば報われる』というのはウソ だと思います。
昔O選手という選手というのがいました。 中学 高校 大学と運の悪いことに すべて その地区で一番弱い卓球部 に入部しました。 卓球レポ-トに一日8時間練習すれば 一流になれると書いてあったので その選手は 一日10時間以上練習しました。 大学はまじめに勉強はせず 卓球場に一日いました。 教科書代金は 卓球マシンの代金として消え 午前はトレ-ニングをして 午後は大学の卓球部で練習して 夜は 卓球場がよいで 途中で電車を降りて10キロほど
カバンをかかえて 走って帰っていました。
毎日やって4年間すごしましたが 一流選手にもなれなかったし 全日本も出れない 選手で終わりました。 ちょっとだけ強い選手でした。
何が足りなかったのか 練習の質? 4年間ではなく10年間にした方が良かったのか? とか イロイロ考えました。
結論として  『まあ 努力はやってみないとわからない』 ということななりました。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

芯をはずす バックハンド HOME シャウト理論・・・・・・150

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
P R

template by repe